水タバコは身体に害はないの?

水タバコ/シーシャはカラダに害は無いの?

水タバコ/シーシャを吸う際
身体に害があるのか、ないのか。
こちらは、よくある水タバコ/シーシャの疑問の中でも
特に多い質問ですね。

紙巻きタバコの健康被害が槍玉に上げられるなか
健康に対する注目度が向上しているということでしょうか。
水タバコ/シーシャについても、
身体に対する害を気にされる方もいらっしゃいます。

 

結論から言ってしまうと、水タバコ/シーシャについても
完全に害がないとは言い切れません。
「水タバコ/シーシャ」という名前から分かるように
これもタバコの一種です。
程度の差こそあれ、ニコチンタールも少量ですが入っています。

水タバコ/シーシャの成分を見てみると、
タバコの煙半分、シロップの蒸気半分という構成になっています。
その半分のタバコ成分も、ニコチンタールをほとんど含んでいません。
しかし、そうはいっても水タバコ/シーシャは、所詮は煙…。
本来、肺に入れるべきでない刺激物です。
とくに健康を気にされる方は、水タバコ/シーシャを吸う際にも
肺まで入れずに、浅く吸って楽しむケースも。

なお、傾向として、味の枯れた水タバコ/シーシャほど、肺への刺激が強くなるので、
味が抜けたら惰性で吸わず、サッと切り上げていただくか、
水タバコ/シーシャをオカワリなさる事をオススメします。

 

結論として、害は無いとは言い切れない。
ですが、その害自体も水タバコ/シーシャの吸い方次第で
いくらでも軽減することができる、という感じです。

嗜好品というものは、多かれ少なかれ
害はどうしても出てしまうもの。

水タバコ/シーシャも嗜好品のひとつ
ということをふまえた上で
楽しむために、ご活用頂ければと思います。